良く読まれている記事
紳士になる為に必要な25個の事

この記事では大人の紳士が知っておきたい事についてご紹介します!

私がイギリス留学していた時は、校長先生に「女性のバックは必ず持つように」と教わりました。

見た目と年齢だけではなく、中身の伴った男性になる為に参考にしてください!

紳士の基本事項

紳士はいつの時代も素敵な人間として見られます。

そんな素敵な紳士になれる方法をまとめましたのでご覧ください!

 50 things every young gentleman should do

こちらの本を参考にしています!興味のある方はぜひお読みください!

紳士になる方法とは?

1.お願いしますを言う

お願いしますを言う」のはとても簡単な事ですが、必ずしないといけません。

お店で注文する時や家族に頼む時に、無言や単語で頼まず「お願いします」「お願い」の一言を添える事が出来れば、円滑に人生を歩む事ができます。

2.ありがとうを言う

ありがとうを言う」そんな事もう出来てるよと言うあなたも、今1度どの場面でも出来ているか確認してください!

そのアンテナを張っていると素敵な事をしてくれる人、コトが多いことに改めて気づけます。

3.すみませんを言う

誰かの前を横切る時や、自分に非がある時などは「すみません」を言うように。

年上、年下など年齢は関係なく、思ったら口に出すのが大切です。

4.間違いを認める

ミスは誰しも起こします。

そのミスを受け入れ謝罪する事が大切で、それ積み重ねていくと同じ過ちを起こす回数も次第に減るでしょう!

5.謝罪を受け入れる

謝罪を受け入れるという行為は、心に余裕がある紳士なら出来て当然です。

ミスをしてしまう事は誰にでもあるので、そのミスを笑顔で許せるようにしてください。※もちろんわざとや非人道的な事は注意する必要があります。

なんども繰り返す人や改善を試みない場合は、距離をおいてください!それはあなたの非ではありません。

6.許可を取る

確かではない事をする時には尋ねるようにしてください。

事前に行う事で信用にも繋がるので、必要な場合には行うようにしましょう!

大丈夫だろうと決めないのがポイントです。

7.褒め言葉を言う

どんな人も褒められると嬉しいものです。髪型、服装、料理 etc......。

褒め言葉は消える事のないギフトとして、その人に残mります。

時に永遠にそれを覚えている人もいるでしょう!

8.褒め言葉を受け入れる

大人になってくると謙遜を覚えるので、「いえ」「そんな事ないです」などと話してしまいます。

しかしそんな言葉はいらずシンプルに「ありがとう」を言えば良いのです。

相手からの褒めをポジティブに受け入れる事ができれば、自分が相手を褒めた時もきっと良い返事が返ってくるでしょう!

9.口を閉めるタイミングを知る

自分の言葉で誰かが損をしたり、場の空気が悪くなってしまうのは紳士の行動ではありません。

時には黙って聞く事で当事者が助かったりします。

思いを伝える事は大切ですが、相手が望んでいない場の空気を壊すような事は口にしないのが賢明な判断です。

10.握手をする

正しく握手がしっかりとできる人は信頼されます。

握手は年上の人とする時は、相手が手を出してから自分も手を出しましょう!

11.Thank you noteを書く

誰かがあなたの為に何か素敵なことをしたり、あなたに贈り物をしてくれた時には、感謝の思いを紙に書いて渡しましょう!

よく映画でホテルの紙にお礼を書くシーン見た事ありませんか?

感謝状を書くという事は感謝を表す方法として正しいです。

12.ギフトを選ぶ

高いものを買えば良いというわけではありません。

相手を想像し、注意を払い贈り物を選ぶようにしましょう!

相手がもらって嬉しくないものや、好んでないものを贈るのは紳士らしくないです。

何事も相手の立場で考えましょう!

13.電話対応もきちんとする

人が見ていない所でもきちんと対応出来るのも紳士たる由縁。

明るく、はっきりと話すことを心がけましょう!

14.退屈な時の立ち振る舞いを知っている

時には退屈な時間を過ごさない時が来ます。

紳士は退屈な時間はいずれ終わるのを知っていて、つまらない事の中から新しい発見を探します。

15.映画館での立ち振る舞いがきちんとしている

映画館で自分の座る席の前を人が通る時、座ったまま避けるのではなく通りやすいように座席を立って通路を譲るようにしましょう。

逆に自分が人の前を通る時はお尻を向けないように気をつけます。※上映中はもちろん立たない。

16.人の前を通る時は失礼しますと一言告げる

もしあなたの為にスペースを作ってくれているなら失礼しますと告げましょう。

17.出欠の連絡は早くする

ホストする側は出欠の連絡が遅いと準備が進みません。

大人になるにつれ連絡が早い人ほど信用されるようになりますので、すぐに連絡をするようにしましょう!

※急なキャンセルはしてはいけません。緊急事態は除く。

18.ナプキンを使う

大人になってくると、きちんとした場所での食事が増えてくると思います。

まず席に座ったらナプキンを膝の上におき、食事中はナプキンを使って手と口を拭くようにしてください。

また席を離れる時は、席に畳んでかけるようにするのが基本的なマナーです。

19.正しくフォークを使う

フォークをきちんと使えるのも紳士として重要。

フォークは外側から使うようにして、食べ終わったらそのままお皿の上にフォークを置き、お皿と一緒に持っていってもらいます。

そして次のメニューで新しいフォークを使います!

20.悪口をいう為にコンピューターを使わない

何か悪いことを言わなくちゃいけない時、直接会って話すことに勝るものはないです。

また匿名でものを言うときは、自分の顔が相手に見えていると思って発言するようにしてください。

あなたの何気いない言葉が時に剣以上に誰かを傷つけてしまう力がある事を頭に入れておこう。

21.自分の外見に自信を持とう

きちんとした服装をする事。紳士になる為に必要な事です。

高価な服を着ればいいということではなく、手入れがされてシワのない服。

場所にマッチしている服を着るようにしましょう!

22.食事の時には帽子を外す

紳士は食事の時に帽子を外すのがマナーだということを知っています。

しっかりと相手に顔を見せてご飯を食べるようにしてください!

23.ハンカチを持ち歩こう

ハンカチはエチケットとして持ち歩き、ベンチに敷いたり、靴のつま先が汚れたらさっと拭けるようになったら紳士になった証です。

24.閉まったドアはノックしてから開けよう

ノックをしてプライバシーを守ることはとても大切。

紳士ならその時の音にも注意しましょう!

25.全員の料理が揃うまで食べ始めない

食事の楽しみはテーブルを囲んだ人と同じ時間を過ごす事にあります。

大皿なら率先して取り分けるようにしましょう!

また彼女が食べ始めるのを待つという説もあります。

まとめ

いかがでしたか?いくつ出来ていましたか?

これを機に紳士を目指してみてください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事